お墓の選び方

お墓の選びの重要項目

お墓の種類

お墓には、形だけでなく、様式や宗派、または地域によっても様々な特徴があります。

お客様が住んでいる地域や属している宗派のしきたりをよく理解したうえで、お墓の様式を決めていきましょう。
「こんなお墓をつくりたい!けど、ここに建てられるか不安・・・」という方、
そんなご質問も伊藤石材までお気軽にご相談ください。

和型のお墓 洋型のお墓

和型・洋型以外にも最近ではデザイン型などもございます。

お墓の様式

個人墓


個人を祀るお墓で、他人が入ることはありません。
近年では自分の好きなものを模した形を生前に建てる方も増えています。

夫婦墓


夫婦を祀るお墓で、子供がいない・娘ばかりで跡取りがいないなど、お墓を継ぐ人がいない夫婦のためのお墓です。

家族墓


子孫へと受け継がれていく、もっともポピュラーな様式です。
納骨のたびに墓誌や墓碑に戒名などを記していきます。

両家墓



夫婦の家をひとつにまとめて祀るお墓です。
長男・長女同士の結婚、一人娘の結婚など、お墓を継ぐ人がいない家族のためにできたお墓です。

永年供養墓


お墓の後継者がいない肩や、身寄りのない方を永代にわたって祀るお墓です。
お墓の所有権は「企業」や「団体」名義になり、その企業や団体が無くならない限り、永代にわたり管理・供養してくれます。
別名「共同墓」又は「集合墓」と呼ばれ、一般的に他人と一緒のお墓、あるいは同じ納骨堂(棚)に遺骨が安置されます。


地域性と宗派

地域性

宗派

日本は地域によって、お墓についての考え方が異なります。
例えば東日本は黒い石、西日本は白い石をよく使う傾向があります。
地域の特色をきっちり把握することは、お墓づくりのひとつのポイントと言えるでしょう。

日本には多くの宗派が存在し、宗派ごとにお墓のスタイルが違う場合もあります。
地域性同様、お客様が属する宗派の特徴を知っておくことが、お墓作りに役立つことでしょう。

墓石のご紹介